記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みがおきる、癒しがおきる

先日、横断歩道で反対側から斜めに突っ切ってきた人が
ひっぱっていたキャリーにつまづいて、すっころびました。

アスファルトに膝をガツーン!
脳天に☆が飛びそうなショック....

「じゅんこさーん、Arnica(アーニカ)飲んでくださいっつ!」
一緒にいたセラピスト仲間、まつかわちえちゃんのひとことで
「んだ、かばんのなかにArnicaあった..」と
直後に乗った電車のなかでArnicaをとりだしました。

※Arnica(アーニカ)とはホメオパシーの1st Aidレメディで
外出先のとっさの怪我やショックな出来事の時に
とるレメディとして知られています。

そのあと、転んだショックを手放そうと
鎖骨をタッピング。 ←要するにEFTっす(^^)/
ホメオパシー、EFTと
持っている癒しツールフル稼働(笑)。

次の駅に着く頃、突如涙がでてきました。

わたし、すっごく緊張してたんだ…..




10月は慌ただしい1ヶ月でした。

9月下旬に検査で母が病にあることがわかり、
急遽10月末に手術に。
全く自覚症状もなく、本人も家族も青天の霹靂。
手術に備えて10月は検査オンパレード。
検査に使った薬でアナキフィラシーショックをおこしたり、
もうドタバタでした。

とにかく、こういうときは
「できない」ことにサレンダーすることにしました。
具体的にいうと

1. お願いできることは、お願いする。
2. 「やってあげる」といわれたものには「はいはい」とのっかる
3. 「ちゃんと」やろうとしない。そこそこにできればいい。
4. 先延ばしできるものは、じゃんじゃん先延ばしにする。計画通りにいかなくていい

です。

クライアントさんには
事情を説明してリスケをお願いしました。
溝口あゆかさんのセミナーも近く
事務準備もいろいろあったのですが、
あゆかさんご自身の手もお借りしました。

夫も、実家の父も、とても協力的でした。
母が入院することになって、私が忙しくなることに
二人ともとても理解を示してくれて
私が仕事をしやすいようにと、工夫してくれました。

セラピスト仲間からの遠隔ヒーリングや
暖かいメッセージも、何の躊躇もなく受け取りました。

本当に嬉しく、ありがたかったです。

そして
すっころんだのは、
どうにか母の手術が終わり、退院のめどがたち
「あーようやく修羅場乗り越えたぞ」と思っていた
ある日の夕方だったのでした。

Arnica + EFTで
転んだショックと
それまでの緊張感の解放が、ひとまとめにおきました。

みんなにいろいろと頼めるようになり
本当にありがたいなあと感じていましたが
全体的には、突然の出来事に対応できるよう
緊張していた状態が続いていたのでした。
ただ、その緊張感に気づいていたら
おそらくしんどくて前には進めなかったのです。

けど潜在意識はちゃんと「ゆるみ時」を知っている。
このまま緊張していたら、大変だから
ちゃんと手頃なところで変化はおきる。

ゆるめてくれたら
ぼーっとなって、すっころび。

その晩は食事もそこそこに、10時間以上寝ました。
翌朝は、久しぶりに「いつもの感じ」が戻ってました。




痛みもおきるけれど、癒しもおきる。
静かに、そして確実に。
常に同じでいる、ということはありえないなあ...

とこの1ヶ月を振り返り
あらためて感動がおきています(笑)。

起きることは起きるし、そこに抗うことはできない。
望んでないことが、おきることもある。
けれど
「先のことをむやみに想像して苦しむようなことはしないで、
今にとどまれる」感じ。

もちろん緊張したり、驚いたりすることもあるけれど
そんなときでもずっと自分の底にある
なんだかわからない深い、深い安定感にすっと戻っていける。

それは、
自分のあるべき姿から、自分を解放したからこそ
得られた感覚です。

母も年齢を考えれば、
病と共に、より豊かに人生を生きていく、ということを
見据えた時間の過ごし方になるでしょう。

完治を目指す、という生き方を
視野に入れてもいいけれど、そこに拘る必要もない。

10年前の私だったら、
おそらく何もかも抱え込んでブチ切れたり
無駄に将来のことを想像したりして
落ち込んだりしていたことでしょう。

自分に向き合い、
潜在意識の奥にある想いや感情を解放してきたこのプロセスは
私の人生を本当に豊かに、そして平和にしてくれました。

実はね私が
癒しのプロセスを進めていくきっかけになった理由の1つに
「親とどう付き合っていったらいいのかわからない」
というのがあったんですよ。

で、長い話を短くすると
師匠溝口あゆかさんに
「親の介護とかは避けられないでしょうから、
そういう気持ちはすっきりさせておいたほうが
これから楽に生きられると思いますよ」といわれ
「よし。じゃあ楽になるぞ」と決意したわけです。
それが今から10年ほど前のこと。

そして今、母の病をきっかけに
また違うステージに立つ時がきたような気がしています。

この週末は溝口あゆかさんのEFTプラクティショナーコースの
お手伝いに。
参加者の方それぞれがお持ちになっている苦しみに
深く共感できるものがたくさんありました。

今日をきっかけにまた
より多くの方々が自分と向き合い、EFTをつかって苦しみを解き放ち
心の平和に気がつけるようになりますように。
そして、より素晴らしいEFTプラクティショナーとして
より多くの方々の癒しに関わっていかれますように。
私もできる限りのサポートをしていければいいな...なんて
思っています。

そんな気持ちで11月を迎えています。

まとまりないけど、ま、そんなとこで。

fc2blog_20151103195844063.jpg
帰宅後、このArnicaクリームも塗り込みました(^^)。この黄色いお花がArnicaです。

=========================

セッションご予約可能日情報】~12月のご予約受付中(11月のご予約受付は締め切りました)〜


~ 楽になりたい、それは自分と向き合うチャンス。
  インテグレイテッド心理学をベースにしたカウンセリング&セラピーです ~



12月のご予約をご希望の方は、
下記お申し込みフォームより希望日時を2〜3候補お書き添えの上どうぞ!。



お申し込みはこちらから >>


セッションの詳細についてはこちらから >> 



updated 2015.11.11

おかげさまで上記含め11月のご予約は全て埋まりました。ありがとうございます。
キャンセルが出ましたら、こちらにお知らせいたします。

11月16日(月)19:30
11月24日(月)19:30
11月30日(月)14:00

週末、連休については個別にお問い合わせください。
上記にない時間帯でも対応できることもございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせいただいている間にご予約が埋まることもございます。
事前にご了承くださいませ。



=========================

■心のケア、もっと身近に
~ ハートサークルショートセミナー & カウンセリング ~

ハートサークルではメンタルケアをより身近に感じていただけるよう
表参道 CTW にて 定期的にセミナーやカウンセリングを実施しています。

■11月のショートセミナー 
(キャンセル待ち受け付け中!)
「人は鏡~対人関係のストレスを本質的に解消する方法」(11/29(日))>>

■週1カウンセリング(毎週木曜日/土曜日)
カウンセリングを身近に体験されたい方に。
会場は表参道なので、お仕事帰りにも気楽に立ち寄っていただけます。
(毎月第1木曜日は私も担当させていただいております)
詳しくはこちらへ >>

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。