記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏休みオシマイ宿題どうしよう」のレメディ その2 (お母さん編)




■宿題をあまりやらないコドモで
 (クレマチスを飲ませるといいタイプのお子さん:前回の日記をご覧下さい)
「宿題やりなさい」と口うるさく言うことが多いタイプ=
 チコリ


-----
人間はお互い影響し合って生きています。
コドモにとってのお母様の影響なぞ、いわずもがな。

「宿題やりなさい!」とガミガミ言えば、
「ガミガミモード」がコドモに写って
「やりたくないもん」と反発されるのがオチです。
そのうち
「どうしてウチのコは、ワタシのいうことをきいてくれないんだろう?!!」と
ますますイライラしたりして。

そんなときには、どうぞチコリをお試し下さい。

チコリは、相手(特にコドモ)の自立や成長を
一歩引いて暖かく見守ることができるようになるレメディ
です。

特にコドモの世話を(過度に)焼くことで
お母さんとしての存在意義をみいだしがちな方に向いています。

お子さんに対して
「お母さんはこんなにあなたのためを思って、
××してあげているのに、どうしてわかってくれないの!」と
と思いがちなお母さんに、向いているかもしれません。

この場合だと
「あなたのためを思って
口うるさく宿題しなさいって言ってあげているのに、
どうしてわかってくれないの!」ってところかな。

この

「あなたのためを思って」

って結構くせ者です(笑)。

一見、愛情のようにみえますが、
実は押しつけだったりすることもあるからです。

愛情か押しつけかの見極めは、自分では特に判断しにくいのですが
相手が自分のしてあげたこと(世話やきなど)を、
受け取らなかった場合にどう感じるか、が1つの見極めの参考になります。

「それは相手の選択した意志であり、
 その結果がどうなろうと、それは相手の問題」と
相手の選択を尊重し、平静でいられれば「愛情」ですし、

「どうしてわかってくれないの!」といったように
自分の感情に波風が立つようでしたら「押しつけ」でしょう。

(※多くのお母様の場合、
「宿題をしなくて困るのは本人」という気持ちと
「どうしてわかってくれないの!」という気持ちの両方ともお持ちだと思いますが)


でも、逆の立場に立てば判ることですが
私たちは「押しつけ」られることは好きじゃないですよね。

「押しつけ」の心があると、
自分の感情に波風を建てたくないと思っているので
相手を自分の心に沿うようにコントロールしようとしてしまい、
命令口調になりがちです。それも気付かないうちに。

命令口調で「宿題しなさい」といえば、
コドモは母親にコントロールされたくないと思うので
反発するか、心に壁を作るかのどちらかになります。

感情表現するタイプのコでしたら
「うるさいなぁ」と言い返したり、
実際に宿題をやらなかったりするでしょう。
反発せずに黙って宿題をやったとしても、
コドモの心のなかには「無理強いされた」という「しこり」は残ってしまいます。
(これが溜まっていくと、どこかで爆発するか鬱々とするか、となっていきます)

決して「宿題しなさい」と言ってはいけない、というわけではないです。
同じ「宿題しなさい」というコトバでも、
宿題をするか否かは子供自身の問題ーと心得れば
相手(コドモ)をコントロールしようとする気持ちがなくなるので
コドモもお母さんの気持ちを受け容れる余裕が生まれてきます。

「北風と太陽」みたいなものですね。

「押しつけ」は(気付かないことも多いのですが)
相手が「(自分が相手に与えているものを)わかってくれる、感謝してくれる」
という「おかえし」を期待しています。

そして


チコリは、与えることに見返りを求めなくなる、
いわゆる「無条件の愛」をサポートするレメディです。

「押しつけ」がなくなれば、それだけで
コミュニケーションの風通しはよくなります。

気持ちを伝えようとすると、つい感情的になりますが
感情的になればなるほど、気持ちというのは伝わりにくいものです。
(熱くなっている人をみて、ひいちゃうというのはコレです)

押しつける気持ちがおさまれば、
「宿題しなさい!!」を連呼する代わりに
コドモが自分から宿題に取り組む方法を、思いつきやすくなるかもしれません。

でも、これだけ日が迫っていると
こんなことやってる余裕もないか(笑)。





<注意>
■このエントリーで示しているのは、あくまでも例です。
また実際の服用効果には個人差があります。


---

最後まで、お読み頂いてどうもありがとうございました!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。