FC2ブログ

記事一覧

思いが変われば、ストーリーが変わる

溝口あゆかさんのロンドンカウンセリングコース
アシスタントから戻りました。
コースで参加者の方々のサポートをさせていただいたり
久しぶりにロンドンの街を歩いたりーと、
めまぐるしくも密度の濃い時間でした。

ロンドン滞在ではいろんなことがありましたが、
なかでも面白かったのが、
ミニキャブ(タクシー)に乗った時のこと。

ミニキャブ、というのは、
事前に目的地と料金を確認の上、迎えにきてもらうタクシー。
ロンドン名物のブラックキャブとは違って、流しはできない。


ドライバーさんは、ウガンダ人。
エゲレスの場合、こういうブルーカラー系の仕事に就いている人は
アフリカ、中東、東欧の人ってことが多い。
余談ですが、ブラックキャブはロンドン市内の通りの名前を
全部覚えなきゃドライバーになれないという大変な職業なので、
自ずから地元のイギリス人が多いのです。

「何しにイギリスにきたの?」といわれたので
「私はセラピストなの。
セラピーの2週間の集中講座のアシスタントに来たんだ」と答えたところ
ドライバーさん、突如

「あのさあ、セラピストだったら、ききたいことがあるんだけど、
僕の妹は、薬がないと眠れないんだ。。何かいい方法はあるかい?」


へ?

そんな、あなた
タクシーの中、たかが20分ぐらいで
不眠解消の手助けになるアドバイスなんて
それも英語で答えろなんて
無茶苦茶なオーダーですよ?!!

と思いつつ...

うーん、
EFTの手順を説明するにはあまりにも時間がないし、
イギリスなら
フラワーエッセンスのレスキューレメディも買いやすいから
アドバイスとして悪くないけど、
英語で説明するのはややこしいし、
ましてやホメオパシーの不眠のレメディの話なんて、
もーっとややこしいし...
もちろん
「この場で説明できるような簡単な方法はないよ」と答えるのもあるわけで、
っていうか
「セラピスト」って言っただけで
話が通じるこの国ってやっぱりセラピー先進国?


などと頭が超高速回転した結果、0.5秒後に出した答え。

「深呼吸(Deep Breath)するといいよ」


↑:この瞬間、私の頭にはマンガの一コマのように
電球がともっていたのはいうまでもありません(^^)。
(「一休さん」のアニメのように「チーン」という効果音つき)

そしたら
「Deep Breathとは何だ?」
と返されてしまった!

は?

まさかの展開....
深呼吸知らない????

しょうがないので、タクシーの後部座席で
スー、ハーと
Deep breath をやってみせるわたくし(笑)。

「ゆっくり吸って、ゆっくり吐くんだよ、こんな感じで。
 そうするとリラックスして、眠りやすくなるよ」

「何回やればいいんだ?」

うーん、別に何回でもいいんだけど....
でも知りたいよねえ、たぶん(笑)。

というわけで

「何回でもいいけど、少なくとも3~4回はやるといいよ。
 これを1セットにして、寝る前に1~2セット。
あと寝る前じゃなくても、
心配なことがあったり、不安になった時にやればいいよ。
眠れないときは、緊張や心配がいっぱいあると思うから
深呼吸するとリラックスするよ」

と説明。

本当は
「深呼吸は副交感神経の働きを高めるから、
 緊張感や不安感をゆるめ、眠りにつきやすくする」
と言いたかったが、
副交感神経を英語で何て言うか覚えていなかったんですの、私(^^;)
おまけに、今回辞書持ってこなかったのでした。

「Deep Breathは手助けになると思うよ。
お金もかからないし、いつでもどこでもできるのが、いいところだと思う。
緊張したり、イヤなことがあったり、気分がすぐれないときには
妹さんだけじゃなくて、あなたもやるといいよ。」

と大きなお世話....(^^;)。
でも走り出したセラピスト魂はとめられないぃいいいい。

「あ、でも、お医者さんの許可なしに薬を辞めたらダメだからね」

診断をしない、医療行為の妨げをしないー
これはセラピストとしての職業倫理。
ちゃんと守っておかないとね、どんなときでも。
冷静に爆走しております(笑)。

そして
「私は英語で上手に説明できないから
 詳しく知りたかったら、
Googleに "Deep breath", "sleep", "relax"と入れると
 多分もっといろいろわかると思う」
と補足。

ホテルについてお金を払った時に、
ドライバーさん
「Deep breath,だよね。寝る前に3~4回だね」と再確認。
そうです、そのとーりです。

気に入ってくれたかな。

細かい持ち合わせがなかったので、
チップは少なめだったんだけど
まあ、Deep Breathの解説したから赦してちょーだい(笑)。


ロンドンにいた10年近く前、
慣れない異国生活で
無力感と孤独感と絶望感のなかにどっぷりはまってました。

その後間もなく、「この状況には耐えられない!」という一心で
溝口あゆかさんのカウンセリングを受け始めます。
そして、セラピストになろうーと人生のシフトチェンジをしたわけです。

セラピストとして、この地に戻って
タクシーのドライバーさんに
不眠改善のアドバイスするなんてなぁ~。
10年前の自分に話したところで、きっと信じられないと言うでしょう。
当時の私からしたら、予想外のストーリー展開。

「40過ぎて、新しいことなんてできっこない」
「仕事を辞めたら、お金がなくなる」
「自分の好きなことをして、楽しむなんてワガママだ」
.....
自分の行動を狭めている様々な思いを
1つ1つ見つけて掬い上げては、
「それは本当なのかなあ」と問い直し、
その思いに振り回されている自分に「大丈夫だよ」と声をかけたり
時にはあまりの滑稽さに笑っちゃったり、
セラピーを使って感情を解放したり、
ありとあらゆる思いと感情を包み隠さず
オープンにうけとめてきた。

どんな思いが「わたし」を形作っていたのか
ただ追いかけているうちに
少しずつ、そうした「わたし」に関する思い込みがはずれ、
「私のストーリー展開」が変わっていきました。

それがロンドン再訪に、
そしてこのタクシーでの会話につながりました。

そう、誰だって、これから予想外のストーリー展開は描ける。
自分の気づかなかった自分自身と向き合っていくうちに。

ちなみに、Googleで
"Deep breath", "sleep", "relax"と入れた結果、
トップに出てきたのはこのサイト。→
ドライバーさん、読んでてくれるといいな。

写真はロンドン郊外のリッチモンドの夕焼けと泊まっていたホテルの外観です。

■ターナー、コンスタブルを思わせる光のカーテン。
fc2blog_20141004122941fd1.jpg

■心理療法の大親分、フロイトもステイしていたという築150年のホテル
fc2blog_20141004123023f0d.jpg

fc2blog_20141004123108bf3.jpg

---

プライベートセッションのお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・Breakthroughカウンセリング→ 
  気づかなかった自分との出会い/自分を愛する一歩へ
 (トークセッション、EFT、マトリックス・リインプリンティング等の組み合わせ)


 ・フラワーレメディコンサルテーション → 

----

インテグレイテッド心理学基礎講座リクエスト開催受付中 
 最低人数6名が集まれば
 ご要望に応じてインテグレイテッド心理学基礎講座を開催します。
 仲良しのお友達、セラピストグループ等、
 身近な方々でインテグレイテッド心理学を学んでみませんか?
 詳細お問い合わせは
 junko.onuki★gmail.comまで
 (★を@にかえてください)


---
 必ず読んでね~

 このブログはEFT,Matrix Reimprinting,
 フラワーレメディ、レイキ、ホメオパシー等の
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。

 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 セルフケアでレメディをとる際には、
 ご自身の責任の範囲でお願いいたします。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)