記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の不安にTapping

8月も半ばをすぎて、大分日も短くなってきました。
夕方買い物に出かけると、蝉しぐれがきこえてきます。
8月の終わりの夕空を眺めながら蝉しぐれにつつまれると、
一瞬「あー、宿題やってない....」とハートは小学生に(笑)。

さて、本来でしたら昨日はEFT講座。
念のためにとキャンセルしましたが、
一昨日の父の白内障の手術はお陰さまで無事に終わり、
元気に養生しています(変な日本語ですね)。
サポートメッセージを頂いた皆様、深く感謝します!

手術自体は簡単なのですが、術後のケアが問題。
感染しやすい状態のため、目に水を入れてはいけない。
(ゆえに、洗顔、洗髪、入浴禁止)
そして目には絶対触らない、こするなどもってのほか、
なのだそうです。

手術は成功しましたけれど、
治るかどうかはアナタの日々の努力にかかっていますよ」
と主治医に言われたそう。
ごもっともです。手術の成功と治癒は別問題ですね。

といっても、目の手術をしたわけですから、
目に違和感はあるわけで
「かゆいー」「ゴロゴロするー」と大騒ぎ。
母は紙に目立つように赤いペンで大きく「目には触らない!」
書いて家のあちこちに張り紙しています。

触るなーというと触りたくなるのが人の常(笑)。
「〜するな」ということばはスルーされて
「目」と「触る」だけが記憶に残りがち
になるわけです。
「目に触るな」よりも「手はいつも首より下に」とかのほうがいいのかな?
と提案してみようかなと思っております。

で、「かゆいー」「ゴロゴロするー」対策として、
「かゆいー、って言いながら指の脇とか、鎖骨をトントン叩いてごらん」と
タッピングを教えておきました。
本当はEFTをきちんと覚えてもらった方がいいのですが、
今は落ち着いて何かを学ぶというような心の状態ではないので、
とりあえず「その場しのぎ」です。

実は手術の前、待合室でインスタントなEFTをしたのでした。
事前に母から
「相当手術イヤみたいだよ。毎日やだなー、やだなーって言ってる」と
きかされてたのですが、
病院でも頭をかき苦笑いしながら
「あー、やだなー」といってから、しばらく無口に。

そこで
「「やだなー」「痛そうだなあ」「早く終わんないかなあ」とかいいながら、
鎖骨のあたりをこうやってタッピングすると少し落ち着くよ」
とやってみせたところ、
こういうの(イヤな感情)は、我慢しないほうがいいんだよなっつ!」と
やりはじめたのでした。
(そう、そのとおりです〜。)

最初は鎖骨の下をタッピングしていたのですが、
「お腹叩いた方が落ち着くなあ」と言い出し、
両手でゲンコツをつくって軽くおへその横を叩き始めました。

80近い老人が「あー、やだやだ」と言いながらお腹を叩き、
その横で50近いおばはんが一緒に「やだやだ、早く終わんないかなー」
と言いながら鎖骨をトントンしている情景は傍から見ると相当ヘンです(笑)。
日帰り手術室が建物の端っこでほとんど人通りもなく、
事実上「セッションルーム状態」だったからできたのかも。

緊急時ということで
とりあえず不安感の解消に対応している鎖骨の下を選びましたが、
状況が赦すようであれば総てのタッピングポイントを叩いた方がいいです。
またあとから調べてみたところ、
父が叩いていたあたりは鎖骨の下と同じ経絡が流れており
あながち外れたポイントをタッピングしていたわけではないようでした。

しばらくやったら、すっきりしたようで「よし、大丈夫だ」と言ってゲンコツタッピングは終了。
そのあと名前を呼ばれるのを聞き逃すくらいに、
のべつまくなし医療界の問題についてのおしゃべりに。
もともとはドクターだったので、
病院でスタッフが働いている様子をみると、いろいろと思うようです。

父が手術室へ消えたあと、子供の頃から、ことあるごとに
父のこうした「ドクターのあるべき姿」「日本の医療の問題点」等について
聞かされてきたなあと思いを巡らせていました。
それは、私のセラピストとしての在り方に
大きく影響を与えていると自覚しています。

手術、というのは事前に様々な準備が必要ですね。
食事制限や投薬指示も多く、それだけで結構なストレスです。
そんなとき、場所を問わず、何のツールも必要とせず、
気持ちを楽にできるタッピング(EFT)はすばらしいなぁと
改めて思いました。

まだまだ「予後」に油断はなりませんが
かゆくなったらタッピング、もう一回教えておこうと思います。

ーーーー
お休みのおしらせ
 9月10日(水)〜10月5日(日)までセッションをお休みいたします。
 溝口あゆかさんのロンドンカウンセラー養成講座のアシスタントのため、
 ロンドンに行っております。
 セッションは10月6日(月)より再開いたします。
 9月1週目はまだご予約いただける時間帯がございますので、どうぞお問い合わせください。


---

プライベートセッションのお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・Breakthroughカウンセリング→ 
  気づかなかった自分との出会い/自分を愛する一歩へ
 (トークセッション、EFT、マトリックス・リインプリンティング等の組み合わせ)


 ・フラワーレメディコンサルテーション → 

----

インテグレイテッド心理学基礎講座リクエスト開催受付中 
 最低人数6名が集まれば
 ご要望に応じてインテグレイテッド心理学基礎講座を開催します。
 仲良しのお友達、セラピストグループ等、
 身近な方々でインテグレイテッド心理学を学んでみませんか?
 詳細お問い合わせは
 junko.onuki★gmail.comまで
 (★を@にかえてください)


---
 必ず読んでね~

 このブログはEFT,Matrix Reimprinting,
 フラワーレメディ、レイキ、ホメオパシー等の
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。

 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 セルフケアでレメディをとる際には、
 ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。