記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダは「気づいていない自分」との架け橋役

土曜日は、おのころ心平さんの
「セラピストのための生理学・解剖学講座」に
でかけてきました。

彼は「心と身体の関連性」ということに
フォーカスをあてたカウンセラー。

タイトルが「セラピストのための」とあるので
補完療法家の方や
ボディーワーカーや中医学など
「カラダ」をメインに扱う方で
「ココロ」について知りたいと思っていらっしゃる方が
結構多かった感じ。


ま、
カラダとココロがつながっている ー という話は
補完療法家にとっては、ほぼ「常識」♪

「常識」ではあるけれど、
こういう考え方を持っている方が
たくさんいる、というのを目の当たりにして
とても嬉しく思いました。


で、スピーカーの
おのころ心平さんは、その逆で
あくまでもメインのスタンスはカウンセラー。

私もどっちかといえば
おのころ心平さんに近いかな。←って偉そうに:(笑)
ホリスティック・カウンセラー」だからね♪
(左横、写真の下を見てね)

私が面白かったのは「肺」の話。

喘息って、息が吐けないから吸えないんですよ。
でも、そのことに気づいてないで、
吸えないから、とにかく吸おうとしちゃうんです。
先にやることは、息を吐くことなのに。

セミナーに出ながら
「あ、またまさにこの瞬間やってるわー。
 また知識をinputしようとしてる〜」と判って失笑〜。

本当に、カラダはココロの代弁者だと思います。
言葉で語れなかったことを身体症状で、語ってくれる。
潜在意識のなかにいて
「気づいていない自分」からの手紙みたいなもの。

身体は気づいていない自分との
仲をとりもってくれる架け橋なんだなあ〜


と、改めて思いました♪。

なんて素晴らしいんだろう♪


おのころ心平さんと記念撮影。
著書を持参したらピースサインもいただきました(笑)。

140420

会場は、都心部だったので久々に東京タワーを眺めました♪。

ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを


---
ご注意! 必ず読んでね~


 このブログはホメオパシーやフラワーレメディ、レイキ等の
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。


 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
カウンセリングのお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・Breakthroughカウンセリング(トークセッション&感情解放セラピー) → 
 ・フラワーレメディコンサルテーション → 
 ・ホメオパシーコンサルテーション → 
  (※新規受付は現在お休み中です)

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 
関連記事

コメント

書き忘れ!

なぜ「肺」で「喘息」の話を書いたか、というのを
書き忘れてました。
私、子供のとき喘息だったんですよ〜。
大人になって、もう発作はおきなくなりましたが
「肺に症状をおこす」ような
メンタリティは今も持ってるな、と
思ったのでした♪

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。