記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトに親切にしよう(※自分を含めよう)

あるお坊さんの書いていた本に

「自分を捨てて他人の為に生きましょう」

「自分の欲を捨てて生きましょう」


というお話がありました。



それはそれでもちろんいいことです。

でも....ちょっとひっかかるところがありました。



これを鵜呑みにすると「いい人病」になっちゃう。

ってことです。



たいていの苦しみは「欲」が満たされないことから

生じています。

だから欲というか執着を手放せば、真の自由が得られて

自ずから他者のために生きることもできるようになります。




ただ、そのまえに

自分の「欲」の姿を、きちんと知っておくと

いいだろうなと思います。

自分を満たすための「欲」は

理由もなく生じているわけではないんだもの。



(カウンセリングでは

 どんな欲が満たされないことで苦しんでいるのか

 その欲がどこから生じて来ているのか、といったことを

 丁寧に探し出していくことも多いです)



自分の持っている「欲」がどこからきているのか知らないまま

「欲を手放して他者のために生きましょう」というお坊さまのお言葉を

「正しいこと」「実行すべきこと」

という「生きるルール」として捉えると

あなたの生き方に、新しい制限が生まれます。



新たな「がまん」がまた生じて、

それは、それで、新たなストレスです。



また、「ルール」を守ることにこだわって

自分の欲求を棚に上げてしまうことは

自分よりもルールを大切にしてしまうことになります。

それは、大きな自己犠牲、自己否定ですから

決して長続きしないでしょう。



そして、無自覚のうちに、この「自己犠牲」をされて

疲れ果てて苦しんでいらっしゃる方も結構多いのです。



これが「いい人病」。




生み出すことになった自分の欠落感や

欲を満たそうとしていることしていることの

正体をきっちり知ると、

その「欲」を持ち続けるかどうか

選ぶことができるようになります。



きっちり知った時点で

「これは持っている価値ない欲望だわ♪」と思えば、

明るい気持ちで欲を手放すことができるでしょう。



また、自己犠牲をやめて

自分を充分に満たして行けば

心に余裕ができて、自然と他者にもやさしくなれます。



人に親切にすることは

「自分より他者を優先する」ことではないですよ。



「人」のなかには

あなた自身を含めることを、どうぞお忘れなく。


ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを


---
ご注意! 必ず読んでね~


 このブログはホメオパシーやフラワーレメディ、レイキ等の
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。


 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
ご相談(カウンセリング)のお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・カウンセリング(トークセッション) → 
 ・フラワーレメディコンサルテーション → 
 ・ホメオパシーコンサルテーション → 

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。