記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な人の力を信じることは、自分の力を信じること。

こんにちは。ホリスティックカウンセラー/ホメオパス
小貫 淳子です。
Well-beingなカラダとココロを作りのアシストをしています。


先日、とても大切な経験をしました。

友達から電話がかかって来て、あることを頼まれました。

話をきいたところ
私にはとても難しいことだったので、正直にお断りしました。

困った時に、私のことを思い出してくれたのはとても嬉しかったので
そのことは素直に伝えました。
それから、そのほかのことだったら、手助けできるかもしれないとも。

「彼女はきっと適切なヘルプに出逢うから大丈夫」と信じてはいましたが
心の片隅に小さな罪悪感があったことも私は自覚していました。
「私がお手伝いしなかったことで、彼女は苦しみ続けるかもしれない」と。


そのあと彼女からメールがきました。


私が断ったことで
彼女は自分自身がその問題に対して無力だと思い込んでいたーということに
気づいたというのです。

ハッとしました。

「彼女は苦しみ続けるかもしれない」ーという私の罪悪感も
実は同じように
「彼女は無力である」という前提が生み出していたことに気づいたのでした。

どうして、そんな思いが生まれて来たかと言えば、
私自身がやはり「自分自身を無力だと思っている」からなんですね。
特に彼女が抱えていた問題について。
そう、私は彼女のなかに、自分を見ていただけだったんです。

私が一点の曇りもなく
「彼女には、この問題を乗り越える力がある」と信じていれば
彼女の頼み事に答えることができなくても
彼女の苦しさを分かち合いながら、
「大丈夫だよ!」と明るい気持ちで応援してあげることができたでしょう。

ようやく歩き始めた赤ちゃんが
転んだり、つまづいたりして泣いているのを
「ああ、痛かったね。」と、お母さんが暖かい笑顔で見守るのと同じように。

電話を切ってから、メールをもらうまでの間、
彼女のことが頭から離れず
フラワーレメディのレッドチェストナットをしばしばとっていました。
今回は、このレメディが本当に役に立ちました。

子育て中のお母さんによく使われるこのレメディ。
簡単にいえば
「大切な人のことを心配しすぎる時に、心配し過ぎを鎮める」
というレメディですが

真の意味は
「相手は、相手の持っている能力と行動力で
 問題を乗り越えて行くことができる可能性があることを信じることを
 思い出す」
というところにあります。

同時に
相手を通じて、自分自身の能力や行動力、そして恐れについて
もう一度、みつめなおすレメディ ー なのだなと、今回改めて感じました。


こんな機会を与えてくれた彼女に本当に感謝です。
今は、心から明るい気持ちで、
彼女がこの困難を乗り越えることを応援しています~。


ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを


---
ご注意! 必ず読んでね~


 このブログはホメオパシーやフラワーレメディ、レイキ等の
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。


 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。