記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉時雨

東京は30度を超える日々が続いています。

さすがにこれだけ暑いと、昼間は出かける気がしない。
時間に融通が利く限り、用事は午前中か日が傾いてから。

日も傾きかける頃、ベランダと庭に風呂の残り湯を打ち水してから
散歩がてら、近くのスーパーに夫と出かけた。

夕暮れの中、黒く浮かび上がる木々、家々。
耳をつんざくような蝉時雨。
こんなに蝉の声をきいたのは何年ぶりだろう。
いつもこうだったのか、今年は"当たり年"なのか。

それにしても誰が作ったのだろう、
「蝉時雨」という言葉はあまりにも言い得て妙。

ふと立ち止まって目をつぶってみた。
蝉の声が降ってきて、じんわりと身体に染み入る感じがする。
小学校時代の夏休みの終わりを思い出した。

蝉時雨をきくといつも
「まだ宿題終わってない・・・・」と暗い気持ちになったものだった。

夏休みが始まる時は
「今年こそ、ちゃんと計画的に!」と意気込むのだが
結局できなくて
「終わるかな・・・」という現実的な心配がよぎり
「何で、今年もちゃんと出来なかったんだろう」と反省モードに入る。

次に、先生に怒られる図を想像して、ますますしょぼくれる。

今思うと、先生に怒られることそのものよりも
怒られる姿を、クラスメートに見られるのがイヤだったような気がする。
見栄坊(爆)。


小学校の時、クラスの人気者にカトウ君という男の子がいた。
明るくて、お調子者で、授業中もとぼけた質問をしてみんなを笑わせる。
お勉強はイマイチなのだが、運動会、球技大会となればカトウ君の出番。
スポーツ万能といえば、きこえはいいが、要するに「はしっこい」んである。

さて、その、カトウ君、宿題をしょっちゅう忘れるのだ。
でも決して悪びれたりしない。

「宿題忘れた奴、立ちなさい」といわれ
「ハイ!忘れました」と元気よく立ち上がるカトウ君。
あまりのバカ正直ぶりに、
先生も苦笑いして「しょうがないなぁ」と相成る。

失敗しようと、人前で怒られようと、ケロっとしている。
私にはできない芸当だった。

人は、自分が心に禁じていることを
いとも簡単に他人が実行しているのを見ると、
気持ちがざわついてくる。

「宿題忘れるなんて、恥ずかしくないんだろうか?
それも1度や2度じゃなく!それもあんなに堂々と!」

と白い目を送ることもしばしばあったが、
それはうらやましさの裏返しだった。

私はカトウ君の正反対だった。

私は真面目に宿題をやって、真面目に提出していた。
だから怒られるなんてことは、ほとんどない。
真面目に勉強したから、成績もそこそこによかった。
「いいこ」であることが、私のサバイバル術だった。
だから宿題を忘れたときなど、本当にびくびくしていたのだ。

そして、これもカトウ君と正反対なのだが
私は極度の運動音痴で、運動会は大の苦手だった。
「宿題を忘れて怒られている姿を見られたくない」のと一緒で
「ビリであることが丸見え」なのがイヤだったのだ。

失敗するのを見られるのがイヤな私は、
結局、いつも小さくまとまっていた。
失敗しても、ケロッと堂々としている
カトウ君のような、明るさも、伸びやかさもなかった。

そんなある日
学級委員を選ぶことになった。
立候補者がいなかったので、何人か候補者を推薦することになった。

真っ先に手を挙げたのがカトウ君だった。

「僕は、女子の学級委員にはタヌキさん(※わたしのことです)を推薦します」

仰天した。

そのあとカトウ君は、カトウ君なりに
推薦するに値する私の長所を挙げてくれていた。

細かいことは覚えていないのだが
自分に対してそれだけの長所を
他人が見いだしてくれたというのは、喜ばしいことだった。
それも、私が、内心「ああいう風になれればいいのに」と思っていた
カトウ君が誉めているのである。

結局学級委員は他のコに決まったが
他の誰でもなく、カトウ君が推薦してくれたことが
私にはうれしかった。
お礼の1つぐらい言えば良かったと、今になって思う(笑)。

私がカトウ君に自分が持ってないものをみていたように、
もしかしたらカトウ君もそうだったのかもしれない。

あの頃と同じ蝉時雨。
目をあければ、街並みは変わり、背も伸びて皺まで増えたオバサンの私。

今、
最後の決断ができずにいることが1つある。
「失敗したらどうしよう。カッコ悪いな」と怖じ気づいている。
まったく、昔と変わらない(苦笑)。

ま、とりあえずやってみればいいのだ。
失敗しても
カトウ君のように、失敗しても堂々としてればいいんだ。

それを伝えに、
神様がカトウ君のことを思い出させてくれたのかもしれない。

ここで「お話」だと
カトウ君がダンナになっているんだろうけれど
ダンナは全く違う人です。悪しからず(笑)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。