記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't Think, Feel - コトバを感じる


こんにちは。
ホリスティックカウンセラー/ホメオパス
小貫 淳子です。
"Well-beingなカラダとココロをつくる
アシストをしています。

先週末は溝口あゆかさんのセミナーの
お手伝いをしておりました。

あゆかさんは、在英の日本人カウンセラー。
ご自身のご経験や
イギリスの最新セラピーの情報もとりいれつつ
いつもとても暖かいお話をして下さいます。

で、講演中にこんな一言が。

「エゴは何でも理解したがるんですよ。
 "判らない"ということが不安を生みますから」

なるほど。
そういえばそうだ....

「私はいつも何かを理解しようとしている。
 今、この瞬間に
 あゆかさんが話している内容を理解しようとしてるなあ」

と、当たり前のことに気づき、
(結構、当たり前のことには気づきにくい...)

ふと

「よし!今日これからこのセミナーを
 "わかろう"とするのをやめてみよう!」と思い立ちました。

あゆかさんから発せられる言葉を
できるだけ「理解しようとせず」、ただ受け取る。

そしたら

なんとこれまで以上に、
話が判ったのです~

頭でわかるのではなく
全身でわかったーというのかなあ。

話し手の伝えようとしているメッセージを
頭で解釈しようとせず、(といっても無意識のうちに解釈はしている)
全身で受け取ったーとでも
言えばいいのかな。

「ことば」じゃなく受け取ったというのかなあ。

エネルギーとして受け取ったーという
かんじなのですわ~。

こういうのって、きっと
意図せずとも出来てる人って
いっぱいいるんだろうけど(笑)、
私には本当に新鮮な体験で、メカラウロコが落ちまくり♪

私はこれまで、なにかと
「頭で」「理解しよう」とばかり
していたんだーということが
よくわかりました。

特に「言葉」に大きく頼っていたのだと。

イギリスにいたとき
英語がよくわからなくても
セミナーやワークショップにでかけると
それなりの収穫を得ていたのを
ふと思い出しました。

「言語」がわからなくても
「言葉の持つエネルギー」を
感じ取って、
「全身で判って」いたのだろうなあと
思います。

それにしても
「言語」(それも自分の母国語)という
「論理」「左脳」の世界を
あたかも絵や音楽のように
右脳で受け取ろうとしたことはこれまでなかったし
できなかったなあ(笑)。

Don't Think, Feel

とはこのことだったのですねえ。
ブルース・リー様。

(って、ちゃんと作品は見たことないんだけどさ!)

というわけで、
今週末の溝口あゆかさんの大阪セミナーに
ご出席される皆様、
ぜひ
「Don't Think, Feel」して下さいね!
楽しさ倍増ですよ~



ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを

---
ご注意! 必ず読んでね~

 このブログはホメオパシーやフラワーレメディ、レイキの
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。

 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。



今日もお読み下さってありがとうございます。
よかったらクリックして下さいね~。どうもありがとう!




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。