記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ゴードン と スピリチュアル心理学

前回の続きになりますが。

人は、もともと魂の存在だそうです。

「魂」でいる時は「愛」に満ちあふれた存在。

そして「魂」が成長を経験するために
肉体を持ち「人」となる。

が、ここで
肉体を持つことにより、
神様(の愛)とつながっていることを
忘れてしまって

とても苦しみ
怒りや憎悪、恐怖や不安みたいな存在になる。
(そして魂が何を目的に『人」として
 この世にやってきたのかを忘れる)

その後、また
神様と一体であったことを思い出し
「愛」の存在へと戻って行く...
というプロセスを何度も繰り返しているのだそうです。



手術前の
チャーリー・ゴードンは
とても愛に満ちあふれている。

手術を受け、知能が発達して行くうちに
知を振りかざし、
他者を、そして過去の自分を蔑み苦悩する。

自分の知能に限界があると知ったあと
「心の中で
 泣いている子供の自分」を癒し
「知」を持った自分と
持っていない頃の自分、
そして「すべて」との統合を経験し

最後は、また「愛」の存在へと戻る。

「愛」から「苦悩」を経て「愛」へ戻る

「アルジャーノンに花束を」の
チャーリー・ゴードンは
「魂の成長物語」の
1つのプロセスを描いているんだな~

というのも

今回の発見でした。


人生は、自分が「愛」であることを思い出す旅なのですね。


ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを
ジブンと仲良く、ハートに優しいいたわりを

---
ご注意! 必ず読んでね~

 このブログはホメオパシーやフラワーレメディの
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。
 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
ご相談(カウンセリング)のお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・ホメオパシーコンサルテーション(カウンセリング) → 
 ・フラワーレメディ/トーキングセッション等 → 

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 



今日もお読み下さってありがとうございます。
よかったらクリックして下さいね~。どうもありがとう!




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。