記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ゴードン

このところ、またこの本を読み直してます。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る


20代で初めて読んでから、時折読み直す一冊。

印象は読むたびにいろいろ変わるのだけど、
今回、初めて気付いたのは
最後にチャーリーは、
自分に施された手術の未熟さを受け止めて
責めることはなかったという点。

知能を失ったから、
責めるという能力も失っただけのことーと
言えばそれまでだけれど

最後の1~2ページにある
寛容さと、暖かさ、愛情がとても心にしみる。

その後、きっとチャーリー・ゴードンは
幸せに暮らしただろうな。うんうん。

---
ご注意! 必ず読んでね~

 このブログはホメオパシーやフラワーレメディの
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。
 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
ご相談(カウンセリング)のお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・ホメオパシーコンサルテーション(カウンセリング) → 
 ・フラワーレメディ/トーキングセッション等 → 

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 



今日もお読み下さってありがとうございます。
よかったらクリックして下さいね~。どうもありがとう!





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。