記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい治療の神様

東京の週末はすっかり梅雨空です。

一昨日、シャクヤクをいただきました。
これは昨日の写真。↓




早速セッションルームに飾りました。

美人のたとえに
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」というけど
ほんとうに華やか。

もともと、芍薬は丈の高いお花なのですよね。
だから「立てば芍薬」なのかな。

お花自体もすごーく大きいです。
直径計ってみたら18cmもありました!!

芍薬は、漢方薬などにも使われていますね。
体調が悪かった頃、私も飲んだことあります~。
漢方薬としての芍薬の使われ方はこんな感じだそうです → 
(リンク先は、本blogとは無関係です)

漢方の印象が強いのだけど、
ヨーロッパでも、芍薬はメディカルハーブとして
昔からてんかん、ヒステリー、腎臓結石
子宮疾患、etcに使われて来たそうです。

ホメオパシーのレメディにもなっています。
こちらは肛門の疾患に使われるそうで。


ところで、
芍薬の学名はpaeoniaというのですが、
このpaeoniaというのは
ギリシャ神話の医師、治療/癒しの神Paeonに由来するのだそうです。

様々な治療に使われるのですから
なかなか、こちらもうなづけるお話。


立てば芍薬 + 治療/癒しの神Paeon...ってことで
ここ数日は、
美しい癒しの神様がセッションをサポートしてくれそうです(^^)。

(よく考えたrPaeronは男性だから
"立てば芍薬"っていう形容はあてはまらないのかもしれないけど
 ま、いいわ~)


体調を崩されていらっしゃる方が多いようですね。
どうぞゆっくりした時間を過ごされますよう。


ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを
ジブンと仲良く、ハートに優しいいたわりを

---
ご注意! 必ず読んでね~

 このブログはホメオパシーやフラワーレメディの
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。
 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
ご相談(カウンセリング)のお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・ホメオパシーコンサルテーション(カウンセリング) → 
 ・フラワーレメディ/トーキングセッション等 → 

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 



今日もお読み下さってありがとうございます。
よかったらクリックして下さいね~。どうもありがとう!




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。