記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年泣いている女の子

お知らせ

 地震による不安、イライラ等へのフラワーレメディをまとめてあります。
 こちらをどうぞ!→


---

祖母が小さなケガをして入院したので、母が見舞いにでかけた。
母娘2人で、病室でおしゃべりを楽しんだらしい。

そしたら、「顔」の話になったんだそうだ。

祖母はこんなことを言っていたそう。

「子供の頃、母親に(私のひいおばあちゃん、ですね)
 あんたは目が小さいねえ、っていわれたのよ。

 自分が産んでおいて、よく言うわよねえ~。
 もう少し目が大きく産んでくれれば...って
 母に対して思ったわよ

 だから、いろんな人が、あたしのこと褒めてくれたけど
 あたしは一度も自分のこと美人って思ったことはないのよ」


母は意外だと思ったそう。
なにしろ、母にとって祖母は
「美人、と評判の自慢の母」だったのだから。



子供の頃に身に付いた価値観というのは
とっても強烈で、
特になにもしなければ、一生持ち続けるもの。

祖母は
「目が細い私はぶさいく」という自己価値が
刷り込まれてしまったので
その後、他人が「違う」と言っても
「わたしはぶさいくーーーーーー」と思い込んでいるから
全然ハートにその声はとどかない。

私が
「いやあ、おばあちゃん、美人だよー。
 今は老眼鏡のおかげで、目も大きいし~」なんて
冗談を混ぜて褒めたら、笑ってはくれるだろう。

でもだからといって
祖母が「私は美人」という新しい自己価値を持つことはない。

祖母のなかに100年近くずっと住み続けている
「目が小さいねえ」と母親にいわれ悲しい思いをした、
小さな女の子を癒さない限り。

誰もが、何歳になっても
泣いたままでいる「小さな自分(インナーチャイルド)」を
心の中に抱き続けている。

セラピーなどを通じて
傷ついて、何もできなくて、
泣いたり、怒ったり、無力感にうちひしがれたりしている
心のなかの小さな自分を手助けしてあげることが、
「ラク」に生きてゆく手伝いにはなる。

小さな自分の気持ちが楽になれば、
「できる」「だいじょうぶ」という力を思い出すことができる。
そして今の自分が変わり、明日の自分が変わり、人生が変わる。


祖母にはそういう機会はなかったのだろう。
だからずーっと、その子を秘めながら生きて来るしかなかった。

祖母は、わりと寡黙な人だったけど
このところ、いろいろと喋るようになったそう。
100年生きて、
ようやく、これまで隠れていた「小さな女の子」が
少し顔を出すことができるようになったのかもしれない。

100年近く泣き続けている
インナーチャイルドには
これからも、お目にかからないかもしれない。

ほんとうに、何年生きていても、何歳になっても
人は「大きな肉体をかぶった小さな子供」なんだなと
しみじみ感じた次第。


ではでは、
今日もカラダに愛と感謝とねぎらいを
ジブンと仲良く、ハートに優しいいたわりを

---
ご注意! 必ず読んでね~

 このブログはホメオパシーやフラワーレメディの
 使用例をご紹介していますが、
 効果を保証するものではありません。
 またホメオパシー/フラワーレメディのレメディは
 医薬品ではありません。
 レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。

--
ご相談(カウンセリング)のお問い合わせ/お申し込みはこちら

 ・ホメオパシーコンサルテーション(カウンセリング) → 
 ・フラワーレメディ/トーキングセッション等 → 

ホメオパシーについて知りたい方はこちらをどうぞ。  → 



今日もお読み下さってありがとうございます。
よかったらクリックして下さいね~。どうもありがとう!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。