記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレモニーはエゴ対決の場

【お知らせ】
 4回シリーズでパートナーシップをテーマにしたワークショップ
 「自分と付き合い直して、ステキなパートナーシップを築こう」、いよいよ来週です~♪

 まだお席がございます。
 詳しくはこちらをご覧下さい → 




先日、知り合いが結婚式&披露宴。

おめでたい晴れの場ですが
親戚縁者のリクエストが多かったらしく
結構疲れたそうです。

ははは、そういえば私もそうだった(笑)。

こういうセレモニーは
新郎新婦ならびに両家の実家のエゴがまるだしになる(笑)。

「....はxxxxすべきだ」のオンパレードといいましょうか。

これが全員共通なら何も問題はないんだけど、
当たり前ですが、結構違うんですなあ。

式場の場所、日取り、料理の内容、引き出物、
衣装、演出、
招待状の作り方、席次、誰にスピーチ頼むか
両家の親戚は何を着るか etc....

結婚式って一応「めったにないこと」で
そうそうやり直しができないとなると
もう、個々のエゴが大爆裂していくわけです(笑)。

一般的にはこれを
「こだわり」なんていう言い方されてます。

「そこはゆずれないでしょー!」とか
「それは当たり前でしょう!」とみんな偉そうに語ってますが、
実は、心の奥底に
「そこ」や「それ」がくずれると困ること、不都合なことが沢山あるだけのこと。
「困る」「不都合」という言葉の下にあるのは、実は「不安」とか「恐れ」です。

大切なのは、
この「不安」とか「恐れ」の原因は、
古今東西/老若男女を問わない不変の真実というわけでは
決してない、ということ。

言い換えれば、本当は恐るに足らないことなのですが、
本人は心の奥底深くでそう思い込んでいる。
ただ、深く思い込んでいれば思い込んでいるほど、表面的には意識しなくなる。

本当は恐るに足りないことなんだけど
「恐れ」だと思い込んでいるので、正視したくないんですね。こわいから。
だから「当たり前」とか「ゆずれない」と、原因を自分の「外」に持ち出しちゃう。
そのほうがラクだから。

一番大切なのは「恐れ」だと思い込んでいる、思い込みを解放してあげることなのです。

うちのほうが客が少ないとか、
仲人をたてるべきとか、
花嫁は料理を食べちゃダメとか
両家の親戚は留袖とか

みーんな、この下には「恐れ」が隠れているだけ(笑)。


当時、そんなことわかってませんでしたから、
「みんな好き勝手いうよなあー」なんて思いながら、結構調整に苦労していたのですが
(調整しなければ、と思うのも、私の「恐れ」から発してる行動なわけですが~)
今思えば、あれは
みんなそれぞれが違う「エゴ」、言い換えれば「恐れ」を持っており
自分を守るために、ぶつかりあうという方法以外を
知らなかったということを学ぶ機会だったんだろうなと思います~。


ところで
「私、結婚披露宴ってやりたくなかったんだよねー」と言ったら、
「何で?」と聞き返されました。

理由は「面倒くさかったから」

なのですが

じゃあ、なんで面倒くさかったんだろうねえ?


....、しばらくして出て来た理由。

「(みんなに)怒られたくないから」。

みんなに、じゃないね、多分父親に、だな(笑)。
子供の頃、父親怖かったもんなあ~。
その記憶がちゃーんとマトリックスに残っていて
「これをリピートしたくない」って無意識に思ってた模様。
おまけに、結婚披露宴の場合、父親は当事者の一人だったし。

今思うと、当事者全員がフラワーレメディ
ビーチやバーベインを飲むとよろしそう。
お疲れ気味の花嫁にはオリーブあたりでも。
子供の旅立ちに抵抗のある親御さんには
チコリーやレッドチェストナットあたりもいいかなあ~。

ははは、今になって、結婚披露宴がなーんか今ひとつ楽しくなかった理由が
ようやく判ったよ(笑)。

---

いつもお読み下さってありがとうございます。
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてね。Thank you!!







関連記事

コメント

ふふ。披露宴って一番もめるイベントですよね。
私なんて披露宴会場に歩いていくまでの間に大喧嘩になって、「このまま会場に行って、集まった人たちに『式を挙げる前に離婚することになりました』っていう羽目になるんだろうか」と思いましたよ(笑)。
実際、数日前に破談になってT国ホテルの披露宴をキャンセルした人も…。
みなさんお疲れさまです(笑)。

Re: タイトルなし

>タマさん

本当に披露宴ってもめるイベントですよね(笑)。
今の若い人たちの結婚でも、
まだ結構もめるイベントであり続けた、っていうのも
結構面白かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。