記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お別れ」のレメディ #3

1. 自分に魅力がなかったせい? と自分を責める=パイン(Pine)
2. 相手に対して「ひどい奴!」と攻撃的になる=ビーチ(Beech)

ふられたときというのは、様々な思いが去来すると思います。

そのなかでよくあるのが
「私の魅力が足りなかった」
「私があのとき○○したから彼の心が離れた」と
「私が彼に対して○○すべきだった」
「私がバカだった」
自分のことを責めたりすることもあろうかと思います。

こんなふうに、別れた原因を自分に求めていき
自責の念に駆られて、ますます落ち込むようでしたら
パインをお試し下さい。

逆に、相手に対して「ひどい人」と攻撃的になることもあるでしょう。
相手に新しい恋人ができて、それが別れにつながった場合は
その新たな恋人に対して「人の恋人をとるなんて非常識!」などと
なじる気持ちが強くなるかと思います。

そんなときは、ビーチをどうぞ。

一見、ビーチはパインの反対、に見えますが、
両方とも「自分で自分を傷つけている」という点については
おんなじです。
自分を責めるというのは、自分で自分を悪者扱いすることです。
また
他者への批判・非難は、実は劣等感の裏返しです。
批判すればするほど、劣等感はどんどん膨らんでいきます。
(気付かないかもしれませんが)

ふらる前も、ふられた後も
「わたし」という人間の価値は、変わりありません。
増えもしなければ減りもしていません。

自分で自分を貶める必要はまったくないんですよ。

ーーー
<注>レメディはあくまでも服用例です。
実際の効果については、個人差があります。
レメディの服用は、個人の責任の範囲にてお願い致しますね。
ーーー

今年中に「お別れのレメディ」シリーズ書き終えようと思ってたのですが
終わらなさそう(苦笑)。

↓よろしかったらクリックして下さいね~
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。