記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情を意識すれば、行動を選べるようになる

更新していないうちにすっかり春の気配です。
買い物ついでに某ファストフード店で「カリフォルニアバーガー」なるものを
ちょっと食べました。
今日の東京は雲一つない青空で、昔行ったカリフォルニアの空を思い出しました。
またいつか行きたいな~。

さて、3月に入って「Falling love with myself」や「自己表現テクニック」の
ワークショップをしました! ご参加、ありがとうございました!!

今回のワークショップや
ホメオパシー並びにフラワーレメディ
カウンセリング(コンサルテーション)で
このところ特に関心を向けているのが
何をどう感じているのか、に気づく」ということです。

結構ね、自分が何を感じてるかって意識してないんですよね。

例えば、ある一定以上の年齢になると
私たちの多くは人前で激しく泣いたり怒ったりすることがなくなります。
「大人げない」といって。

だってそれが常識....と表現しないでいるうちに
自分が何を感じてるのか、に対してとても鈍感になっていたりします。

でも、そういう感情は消えることはないので
溜め込めなくなるとキレたり、酒乱になったり、病気になったりして
アウトプットしようとする
わけです。

1つ1つはささやかな怒りだったり悲しみだったりしても
ちりも積もれば山となるわけですから。

でも、自分が何を感じているかを
ある程度意識していれば、その感情に飲み込まれずに済む


自分が自分の感情に飲み込まれなくなると、
どうして自分が
そういう感情になるのか、[自分を探り癒していく旅]に
出かけることができるようになります。

とても腹が立っているときに
プンプン怒っているだけだったり
「怒りたいけど、ここで怒ったら大人げない!」と
反射的に感情を抑えたりすると、
結局毎度毎度「怒り」という感情に流されたまま終わってしまいます。

最初のうちは、自分が今感じている感情をその場でみつめるのは
結構大変かもしれませんが(慣れてないもんね)、
瞑想やフォーカシングを繰り返していていくと、だんだんできるようになります。

そして
「あ、今、私、今怒っている」
「あ、私、また怒ってる」とちょっと気がついたら、
その後に、どうするかは自分で選べます。


怒りを表現するのか、しないのか。
いいたいことは言うけれど
怒りという形で表現しないということを選ぶとか。

神との対話」でニール・ドナルド・ウォルシュは
「Don't React, but Choose」(反応するな、選べ)といっています。

思うようにコトが運ばなかったり、アクシデントに見舞われたりということもありますね。
そんなとき、起きてしまった出来事を、今更変えることはできないけれど
その出来事にどう対応するかは、
今、この瞬間に自分で選びとることができます。

自分で自分の行動を意識的に(<=ここがミソなのですが!)選択していけば
自分を周囲の犠牲者にしてフラストレーションを感じることは
だいぶ減ってきます。

スクレランサス(二者択一でいつも悩む)
セラトー(直感的に選べずにいつも迷う)
ワイルドローズオート(将来の事が選べない) 
 ※最初間違えてワイルドローズと書いてました。ゴメンなさい!
ロックローズ(ショックでフリーズし、選択力を失う)

といった「選択力」のサポートになるフラワーレメディを飲みながら
自分の感情を意識してみるのもいいですね。

どんなことがおきても、どう受け止めるかは
自分で選べる。

それは自分自身、そして将来に対するささやかな希望です。

そして、うまくいかなかったら何度でも選び直せばいい。
どんなふうに選び直してもいい。

自分自身に選ぶ力を取り戻すために、
まずは自分の感情をしっかりと感じてみましょう。

【お知らせ】
3月17日(水)14:30-16:30に東京・東銀座界隈で
フォーカシングの練習会をします。
参加費は1000円です。
タイトルを「フォーカシング」としてjunko.onuki★gmail.comまでどうぞ!
(↑★を@に変えて下さい)
場所は参加者の方にお知らせ致します。
■未経験者、初心者の方もどうぞおいでください!

mixi スピリチュアル心理学でもお知らせしています!→


関連記事

コメント

反応するな、選べ!ですね。

ああ、でもついおととい
反応してしまったなあ
でも怒りを表現するってことで
自分を許してます。

昨日フォーカシングもどきしたときにも
傷ついてる子がいました。
少しずつ癒えていくといいけど。

>accoさん

そうそう、「選べ」なのよねー。

そう言いつつ、今日もスーパーで
特売品にすぐ手が伸びてしまった私...。
「これ、本当に食べたいか?」と問い直してませんでした、はい(笑)。

フォーカシングもどきで傷ついた感情がでてきたコ、
ちょうどタイミングだったんですね。
こういうのって、その場で癒しちゃうといいですよね。
充分に手放せてますように。

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。