記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモ

今さらですが、この本を読みました。

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
(1976/09)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

児童文学として有名な「モモ」です。

モモは町外れの円形劇場あとにいる
小さな女の子。
街の人たちは、モモに話をきいてもらうと
幸福な気持ちになるのでした。
そこへ「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります...

というわけで、モモは時間泥棒たちから
時間を取り戻しに冒険にいくわけです。

子供向けの名作の多くは示唆に富んでいて、
言語表現として[子供向け]なだけであって
テーマ自体は大人向けだったりするけど
モモ も、そうでした。

時間を節約して、節約した分を「取引」にまわして
「お金やモノ」をもらってる。
得た「お金やモノ」を使って、また時間を節約しようとしてる。
そしていつも「時間がない」と焦っている。
そんなふうに生きていくにつれて、だんだん苦しくなっていく...。

こんな風に生きてる人、結構多いよね。

「豊かに生きる」って
「お金やモノを沢山持って生きる」ということじゃなくて、
今この瞬間を満ち足りた気持ちで過ごすことができるか、
ってこと。

モモは、それを知ってたんだなあ~。

私たちはつい
先のことを心配したり、
過去のことを思い煩ったりして
「今、ここ、この瞬間」を充分に生きることを
忘れがち。

バッチフラワーレメディにも
「現状に興味がない時に使われるレメディ」という
グループがあるので、
まあ、人間というものは
「今、ここ」から心が離れがちなものなのでしょう。

だからこそ「モモ」みたいな
お話ができるんだよね。

「今、ここ」という与えられた瞬間を十分に味わう、って
すご~く「豊か」な生き方なんだなあと
改めて思いました。

ーー
今日もお忙しい中、長文におつきあいいただいて本当にありがとう。
ランキングに参加しています。クリックしてくださればうれしいです。



関連記事

コメント

あ!

自分の名前と似ているから、子どものころからずっと気になっていた本。
大人になって読み直して、たくさんの学びをいただいた本。
屋号にもいただいてしまった!
そんな本が、初めて訪れたジュンコさんのブログのトップにあって、すごく嬉しい♪
ご縁を感じます。

Re: あ!

>momoeさん
わ~、おいでいただいて嬉しいです!
名作ですよね、このお話。
このなかに「マッシーモ」という少年が登場して、
その名前にちょっとウケてしまいました。
↑ホメオパシーな人にしか判らないネタでごめん(笑)

モモ、久しく読んでないけど、私も好きでした。
専門学校時代(社会人になってから行ってた)に英語劇でモモをやったくらい。
私はなぜかカメのカシオペアが好きでその役をやらせてもらったのよ。
今は時間に関しては…う~む。
千葉にいると、やりたいことがあっても場所が東京だと、往復の時間をかけても行くべきなのか、それとも千葉でできることだけでがまんすべき、いや、満足すべきなのか、それに満足できない自分に問題あるのか日々悩みますよ。くすん。

Re: タイトルなし

>tamaさん
英語劇のモモ、スゴーーーーーイ!
カメのカシオペア、なんかtamaさんらしい気がしますよ。

自分のやりたいことが、遠いところでしかやってない、ってこと
よくありますよね。
満足は「する」か「しない」かだけで、
「すべき」かどうかの問題じゃないから
「私はウチの近くでやりたいことができなくてつまんなーい!
 みんな東京なんだもーん!」と
自分の不満足を正直に認めちゃえば、結構すっきりしますよ~!。
そのあとで「やりたいこと」を「やる」には、東京に行くという方法しかないのか
考えてみてもいいかもしれないね。

おーー!グッドタイミング!
この表紙のモモ、実は数年前に買って、大人になり再読してみると、いかに大人向けの本だったんだ!と驚き、しかも子供のときに読んだのとはまったく違う印象を受けたのを覚えています。最近本棚から何気にみつけ、娘に勧めて今娘がちょこちょこと読み始めています。どんな感想があるか、楽しみです。(でもまだ年齢的に難しいんだけどね)もう一度呼んでみようかな。最近私もミヒャエル・エンデの作品を読み返してみようかと思ってたところなの。

>ややさん
子供のときに読んだ本って、大人になってから読むと全然違う印象ですよね。
お嬢さんの感想も楽しみね。
またお嬢さんが大きくなって、またその娘(ややさんのお孫さん)に
読ませる...なんていう日が来たりして(笑)。3世代でモモを語る...なんて楽しそう。

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。