記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰っていく、やってくる

この3週間で1つの誕生、2つの、が私の身の回りでおきました。

3週間前。飼い犬が12歳で天国に行きました。
シーズーの雌犬だったのですが
子宮蓄膿症という病気で、
朝病院に連れて行き、その場で夕方手術が決定。
ところが、手術の直前に状態が急変
結局は、手術をすることもなくんでしまいました。


Dog

こんなワンコ。


手術するとは決めたものの
開腹して痛い思いや不自由な入院生活を強いるのも
かわいそうだな、と思っていたので
これでよかったように思っています。

むしろ「手術をしないで命を全うする」という
犬自身の選択だったような気もします。

10日ほど前。
知り合いの女性に、女の子が誕生しました。
彼女自身が隠れた難病を抱え、ずーっと薬を飲んでいたので
妊娠は大きなリスクだったようです。
結婚してから10年以上、そんな様子をちっとも見せず
仕事を楽しんでいるようすだったので
子供を望まない生き方を選んだのかとばかり思っていました。

1. Ask (もとめる)
2. Believe(信じる)
3. Receive(受け取る)


のが、望みを実現する3ステップだと
The Secret」にあります。

この2番目の「Believe(信じる)」は、
結構難しい気もします。
私たちは望みが実現しないとき、
何かのせいにして、
あきらめてしまうことがよくあるものね。

でも、彼女はやり遂げたのだなぁ。
リスクを怖れず、長い時間をかけて。

本当に、心からおめでとう!

そして、つい3日前。
夫の父が亡くなりました。
週末は、通夜と告別式。

義父の兄嫁が
義父と義母のなれそめを話してくれました。
見合い出逢った義母に義父が一目惚れしたのだけれど
なかなかプロポーズに行く決心がつかず
義父の兄夫婦のところに、相談にいったのだそう。
そして、その義父の兄嫁が義父と一緒に
義母のところに出向いたのだとか。

初めて知った話です。

この人の力添えがあったからこそ
義父と義母が結婚し、私の夫が生まれ
そして私と夫が結婚し、今の私の日々がある。

私は、義父の通夜まで
この話をしてくれた義父の兄嫁の存在すら知りませんでした。

ほんの昨日まで知らなかった人が
自分の日々にこんなに関わっていたなんて。

自分の気付かないところで、
いろんな人とつながっているんだなぁと
深く感じました。

私たちは、
天国からやってきて
この世に生き、
天国へ帰っていく。
天国で休憩して、
またこの世にやってくる。

そうやって何度も
この世と天国を往復しています。

神との対話」の著者ニール・ドナルド・ウォルシュ
「Home with God」(邦訳「神へ帰る」)のなかで
は存在しない(Death does not exist)」
「命は永遠である(Life is eternal)」 と述べています。

大事な誰かとの この世での別れは、どうしたって悲しみが伴います。

んだ」と捉えると
全てが無になっていく深い喪失感に襲われますが
「天国に行った」と思うと
自分よりも一足先に、目的地へ旅だっただけで
しばらくは会えないだけーと、少し希望が見えてくる気がします。

捉え方1つで、生きる力が生まれてくるのだから
すばらしいこと。

知人の赤ちゃんが、
大きな喜びと愛情につつまれて迎えられたように

義父も、私たちの犬も
天国で喜びとともに迎えられていることでしょう。

もう少し、落ち着いたら
「お別れ」を手助けするレメディについて
書きたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。