記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しい感情とのつきあい方を知れば薬物依存には至らない

昨日は「Fall in love with myself  ー美しい私への6stepsー」の
第1回目でした。
8月8日に、(私とすわさんを入れて)8人でスタート。
八といえば末広がり、8を横に倒せば無限大"∞"~。
きっといいことがおきるだろうと勝手に信じてます~。

さて、この数日、
酒井法子さんの覚せい剤所持に関する報道を興味深く見ていました。

薬物に手をのばした理由は、まだ明らかにされていないようですが
おそらく、心に多少なりとも苦しみを抱いていたのでしょうね。

人生にはいろんなことがありますから
目を背けたくなったり
逃避したいような状況に直面することもあるでしょう。

でも、残念ながら、苦しい感情から目を背けても
決して苦しい感情は消えることはないんですね。

薬物を摂取する、というのは
一時的に「苦しい感情」に大きな「フタ」をして
見ないことにする、つまり目を背けるということです。

でも別に「苦しい感情」は消えた訳ではなく
薬物というフタの下でうごめいているし、どんどん作られ続けてます。

実は、みんな似たようなことしています。
手を伸ばすのが、薬物ではないだけで、
食べ物、お酒、コーヒー、煙草、などもそうだし、
男女関係/交友関係、なんてこともありますね。

苦しい感情に耐えられそうにない時、
私たちはこうしてつい「フタ」をしてしまいたくなりますが
それよりも、もっとラクになる方法があります。

それは、
苦しい感情を自分が持っている、ということを
そのまま受け止めて充分にその感情を味わうということ。

苦しい感情の存在、そして苦しい感情を持っている自分の存在を
批判したり、否定したりしないで、そのままいさせてあげる。

「苦しいの。もうダメかもしれない」と感じているとき
一瞬、立ち止まって自分自身に
「私は、今、苦しいと感じているんだ」と確認してみる。

「苦しいの、ダメかもしれない」と感じている時は
たいてい自分自身を見失っています。
自分が感情に振り回されている状態、いいかえれば
感情が自分の人生を制御している状態です。

でも、苦しい感情の存在を確認できれば、
自分が感情を制御することができるようになります。

そうしたら、そのままずーっと苦しい感情を充分に感じればいい。
感じているうちに、苦しい感情は、どんどん小さくなっていきます。

「泣くだけ泣いたらすっきりした!」という経験を
お持ちの方もいらっしゃるかと思います。

感情は「エネルギー」ですから、
エネルギーとして、ちゃんと表に出してあげれば、
それで自分の中からは消えて行く
んですね。

とはいえ深く苦しんでいる時に、
「一瞬立ち止まる」のは難しいでしょう。

ですから日頃から習慣づけたり、
目につくところに張り紙しておいたりするのもいいですね。
冷蔵庫のドア、トイレの壁、携帯の待ち受け、
毎日お化粧するミラーやパソコンのディスプレイの一角とか。

日記をつける、なんていうのもいいでしょう。

慣れないうちには、苦しい感情を充分に感じるって
結構難しかったりします。
私たちの多くは、「苦しい感情=よくないこと=見たくな~い」という
やりかたのほうに慣れていて、
あまりこういうことをやり慣れていないですから。

苦しい感情は、悪いものでもなんでもありません。
苦しい感情を感じているあなたも、ダメなわけでもない。
私たちはよく
苦しい感情を誰かに聞いてもらいたい、と思うことがありますが、
まず最初に、自分自身が耳を傾けてあげましょう。
まず自分が、苦しい感情の存在を認めてあげればいいんです。

薬物依存の危険性を訴えることも、大切だと思うけれど
苦しい感情とのつきあい方をより多くの人が知れば
薬物に手を出す人もずいぶん減るだろうなあと思います。

--
今日もお忙しい中、長文におつきあいいただいて本当にありがとう。
ランキングに参加しています。クリックしてくださればうれしいです。



関連記事

コメント

「苦しい感情とのつきあい方」とっても大事ですよね。
芸能人って、ものすごく不安定な職業なので、苦しくて当然だと思います。
たとえものすごく売れっ子だったとしても。

まあ芸能人じゃない私のような人間でも苦しい感情とのつきあい方って、難しい。
まぎらしたり、ふたしたりするのが普通かも。
でもそれではエネルギーを放出したことにならないんですね。
苦しさを感じる自分って、明るくなくてだめな人間じゃないかって思い勝ちだけど、そうじゃないのかな。

> Tamaさん

>苦しさを感じる自分って、明るくなくてだめな人間じゃないかって思い勝ちだけど、
>そうじゃないのかな。

「苦しさを感じる自分は、明るくなくてダメな人間」って思っちゃうんですね。
こういう思いがあると余計につらくなりますよね。

「そうじゃない」と私が言うのは簡単だけど、
それだけじゃ、tamaさんご自身は多分納得しないだろうと思うんだ(笑)。
本当は、こういう思いって
カウンセリングとかで深く見ていくととても楽になるんだけれど、
とりあえずヒントだけ。

「苦しさを感じる自分=明るくなくてダメな人間」って、本当かなあ?
苦しさを感じる私は、明るくない?
明るくない人は、ダメな人間?

「ダメじゃない人間」を仮に「いい人間」とすると
明るい人は、全ていい人間?
苦しさを感じない私は、いい人間?

苦しさを感じない人は、いい人間?

答えはtamaさんのなかにちゃーんとあると思います。

なぜだか湧いてくる感情について

いつも楽しくブログを拝見しています。

内容の本筋から外れるかもしれませんが、「感情はエネルギー」という部分がおもしろいなと思いました。確かに感情をずーっと感じていると、すっと消えていくことがありますよね。
ただ、時々ふと悲しくなったり、わくわくしたりすることがあり、なぜそんな感情が湧いてくるのかわからないまま、じーっと感じていると、そのまま感情が消えてしまうことがあります。

感情が何かを伝えようとしているのではないか?と、すごく気になることもあるのですが、原因が分からない感情との付き合い方というのはありますか?

Re: なぜだか湧いてくる感情について

>かめさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

コメントだけからはどういう状況なのか判断できないので、
一般的なお答えになりますが、
ブログで書いたとおり
「そのまま受け止めて充分にその感情を味わうということ」が
一番だと思います。原因が判ってなくてもOKです。
あとは、その感情を感じている自分自身に
一番かけて欲しい、と思っている言葉をかけてあげる、ってことかなあ。

もちろん、その感情の原因を知り、その時の自分自身を癒していく、という方法もあります。
手軽にまずセルフケアとしてトライするのでしたらフォーカシングとか、バイロン・ケイティのThe Workあたりがいいと思います。
自分でやってみて「こりゃだめだー!」と思ったら、カウンセリングやセラピーに出かけてみるのもいいですよ。

ありがとうございます!

コメントを読むと、なんだか安心しました。
自分の感情を大切にしていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。