記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオパシーとわたし

私の学ぶホメオパシー学校、ISHL(International School of Homeopathy London)日本校の話を書いたので、
あわせてちょっとホメオパシーの話をします~。

私が今ホリスティック・カウンセラーとして第二の人生を歩むようになったのは、
イギリスでどっかりDeepでDarkな生活を送ったから、なわけですが、
そこで「救いの神」として私の前に登場した代替療法の1つが「ホメオパシー」です。

私はひどい生理痛持ちで、鎮痛剤が欠かせませんでした。
それも通常の分量では間に合わず、規定量よりやや多めに飲んでいました。
すると胃が荒れて、今度は食欲不振と胃薬のお世話に。
胃の不調が治った頃は月経前緊張症が始まりイライラや落ち込みに悩まされる...
というのが私の1ヶ月だったのです。(まあ、常に調子が悪い、ってことです:苦笑)

それがホメオパシーのレメディで夢のように軽くなりました。
おまけに胃は荒れないから、生理後も快調!もう...びっくりです。

実はそれまで婦人科、漢方薬、 カイロプラクティックなどを試していたのですが、
今ひとつ、効果を実感していなかったのですね。

で、カイロプラクティックの先生が、私が渡英する直前に
「イギリスではホメオパシーっていうのがあるから、試してみるといいかも」
と教えてくれていたのでした。で、実際試してみた、ってわけです。

そのあと日本人ホメオパスの方々による
ホメオパシーの講座が現地で開催されていて、
しばらく通っていました。
で、あまりの面白さに
自分もホメオパスになることにしてしまいました(笑)。

日本では「同種療法」と訳されていることもあるこの「ホメオパシー」、
動植物や鉱物から作った「レメディ」(形状は砂糖粒)を
摂取することによって、自然治癒力を高め、身体の不調を改善していきます。

イギリスでは古くから民間でも使われており、
薬局で家庭用向けのホメオパシーのレメディがごく普通に売っています。
感覚的に言うと、日本で言う漢方薬みたいな感じです。

そして、その人の状態にできるだけあったレメディを選ぶのが
ホメオパスという仕事です。

私たちは誰一人として同じではありません。
不調の具合も、人によって異なります。
ですからホメオパスは、セッションを通じて様々なお話を伺ってから
その人にあった1種類のレメディを選びだします。
(これはクラシカル・ホメオパシーという手法です。
複数のレメディを選ぶ方法もあります)

どんな時に使うのか、といえば、もうあらゆる心と身体のトラブルに使われます。
その人の持っている自然治癒力を高めるので、
肉体的な症状/精神的な症状のどちらの改善も期待できるんですね。

これはホメオパシーは「肉体症状だけ」とか「メンタルヘルスだけ」を
部分的に取り上げるのではなく、
「その人全体の状態」をまるごと捉えるという考え方に基づいているからです。
この考え方を「ホリスティック」といいますが、
私が既に取り入れているレイキやフラワーレメディと共通しています。

というわけで、私は今このホメオパスになるための勉強をしています。
先ほど紹介した私の学んでいるスクールの校長ニックは、
私がイギリスで学んだ講師の方々の先生にあたります。
私がホメオパシーに興味を持ったのは、
なによりも彼女らの教えかたが面白かったからだったので、
それだったら同じ先生から教わりたいなと思ったからです。

校長のニックはとても穏やかで、押し付けがましさのまったくない人です。
先生ではあるけれど「上から目線」ということが全くなくて、
生徒である私たちを一個人として大変尊重して接してくれます。
ですから、とても自由な気持ちで学びを進めています。

当初DeepでDarkなイギリス生活だったわけですが、
だからこそホメオパシー、フラワーレメディ、レイキ、
そして溝口あゆかさんと出逢って第二の人生がスタートしたわけです。
どうやって泣いたらいいのかも判らないくらい辛い時期もありましたが、
人生無駄はないとつくづく感じます。

ダンナに時々「君はイギリスにいって本当によかったよね」と言われるのですが、
ホント、ダンナの転勤があったおかげです。

まあ、そんなわけで、近い将来にホメオパシーのセッションもしたいと思っています。
自分の経験からも言えますが、
メンタルに辛い時は、たいてい肉体的にも辛いことが多いです。
ホメオパシーは心も身体も、
全部まるごと「ラク」な方向へと導くすばらしい療法なので、
ぜひ取り入れて皆さんのお手伝いになりたいと思っています。

セッションを開始するときには、また皆様にお知らせします!。待っててね(笑)。

---
今日もお忙しい中、長文におつきあいいただいて本当にありがとう。
ランキングに参加しています。クリックしてくださればうれしいです。



関連記事

コメント

そうだったんですか。
説明してくれてありがとう。
帯津先生(医師)もホメオパシーを薦めていますよね。
日本でもホメオパシーはこれからどんどん医療の分野でも取り入れられていくと思います。
私はホメオパシーの粒をもらった時のことがとても印象に残っています。
まだ深く出会うタイミングではないのかもしれないけど、今日はホメオパシーに入りやすい本、エッセーが出版されるといいなぁと、ふと思いました。

ホメオパシー、わたしも興味があります。

ロンドンでの日々、そしてひどい生理痛もジュンコさんへの導きだったんですね。

いつもブログ興味深く読んでいます!
今はちょっと時間がなかなか取れないけど、なるべく早くセミナーとかで一度お話ししたいです!!

ジュンコさんがそんなにDeepでDarkなイギリス生活を送っていたとは私には全然見えなかったので、このブログ読んで意外に感じてしまいました。でもホメオパシーって本当にすごいですよね。日々実感!!!
いつの日かホメオパスとしてのジュンコさんも楽しみにしています!!

先日はありがとうございました。

今日とあるきっかけでホメオパシーのことを考えていたところだったので、この記事はシンクロv-352でした。

これからもブログ楽しみにしています。

Re: タイトルなし

> Tamaさん
帯津さんは、ホメオパシーに対して積極的ですよね。
ああいうお医者様が沢山いるといいなあと本当に思います。
ホメオパシーに入りやすい本やエッセイ、言われてみればあまりないかもしれないですね。
よし、私が書こう!(爆)
(と冗談半分で書いたが、結構やってみたいかも!)
 
> ゆっこちん さん
まあ、ゆっこちんも興味ありでしたか!。
ゆっこちんのおっしゃるとおり、総ては導きだったんだなあと思います。
ずいぶん時間はかかってるなあとは思うけど、
それは必要な時間だったのだろうしね。
きっと、ゆっこちんの人生もそうなんですよ~!

>ややさん
イギリス生活4年間のうち、最初の2年間は本当にトホホだったのよ~。
私もそんな自分が信じられない(爆)。
日々実感....引き続き感じてくださいね!

>みぃさん
コメントありがとうございます!
シンクロでしたか!!。面白いことがあるものですね。
「みぃ」さん、といわれて、2人思い当たる方が今いらっしゃるのですが、
よかったら今度、もう1つぐらいヒント下さ~い!
これからも、楽しくブログ続けていきたいと思っています。
どうもありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。