記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんそくに効くレメディは? その3 -肉体症状とフラワーエッセンス-

朝晩すっかり冷え込んできました。
今年は何故か「柿」がマイブームで、しょっちゅう食べてます~。

さて、ぜんそくアレルギーへのレメディです。

今日ご紹介するレメディは、
ぜんそくアレルギーに悩むご本人だけでなく
ぜんそく持ちのお子さんのお母様など、
看病する方にもお役にたつかと思います!!

---

1. アレルゲン対して不安感がある=ミミュラス(Mimulus)

アレルゲンの存在どころか、
名前を見たり聞いたりするだけで、
何となく心が不安におそわれる方に。

手前味噌なたとえ話なのですが、
ワタシはかつて、
エビを食べると舌や唇が腫れ上がる
というアレルギーを持っておりました。

その当時は「エビ」ときくだけで気分はどんより、
テレビや魚売場でエビの赤い尻尾を見るだけで
舌や唇が腫れるような気がしてなりませんでした。
すっかり「エビ恐怖症」です。

平常な時も、食べてもいないエビにビクビクしている。
別に食べなければ
何1つエビがワタシに害を及ぼすことはないのにね。

こうしたアレルゲンに対する
「恐怖感」を減らすのには
ミミュラス(Mimulus)がお手伝いになるでしょう。


2. アレルゲンに対して敵意や憎しみを感じる=ホリー (Holly)

敵意や憎しみというのは、「恐怖」の裏返しでもあります。

アレルゲンは、アレルギーを起こす人にとって
時には憎い存在かもしれません。

「このアレルゲンさえ、この世になければ」・・・といった、
嫌悪、憎しみの気持ちをアレルゲンに対して
抱いてしまっているようでしたら
ホリーをお薦めします。

特にアレルゲンに
「攻撃されている」「いじめられている」「やられた」
といった感覚がある時に
よいかもしれません。

「嫌い」とか「憎い」という感情は
つらさを乗り越えるための
原動力になることがあります。
でも、それは一時的なことであって
やがて、こういう感情を持ち続けることにも疲れてきます。

特に持病の原因ともなれば、なおのこと。

好意も憎しみも
「想い」というエネルギーとしては一緒。
あなたがエネルギーを注げば、注ぐだけ
エネルギーを注がれた対象物は、
あなたに存在をアピールすることになります。

それではあまりにも苦しいというもの。

アレルゲンを敵対視することがなくなれば
気持ちも穏やかになります。

そして穏やかな気持ちで治療を続けましょう!


<お母さんもどうぞ!!>
これらのエッセンスは
ぜんそく等のアレルギーを持っているお子さんの
お母様にもお薦め
です。
お子さんが発作をおこさないようにと
アレルゲン対策に日々大変なご苦労をされているのは
お子さん本人ではなく、むしろお母様であることも多いですよね。

いつも私が書いていることですが、
人はお互い影響しあっています。
お母様の心が穏やかになれば、お子さんの心を穏やかになりますよ。



次回はクラブアップルとスター・オブ・ベツレヘムについて
詳しくご紹介します。

ーーー
<注>
レメディはあくまでも服用例です。
実際の効果については、個人差があります。
レメディの服用は、個人の責任の範囲にてお願い致しますね。
ーーー

もしよろしければ、↓クリックしてください~。
Thanks for visiting !
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。