記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除

帰国してから連日掃除です。

もともと住んでいた家に、そのまま戻ってきたのですが
ここの家にあったものは、ほとんどが不要品と化していました。

ここに残してきたものが手元にないからといって、
ロンドンで困ったことなど、一度もなかったのです。

似合わなくなった洋服、
もう読み返したいとも思わなくなった本や雑誌、
どうして買ったのかすら思い出せないCD、
もう部署が変わっているであろう仕事関係の人たちの名刺、
何が入っているか判らない、どころか
その存在自体がもう時代遅れとなってしまった
フロッピーディスク、ビデオテープ、カセットテープ、MD 
などなど。

いいきっかけなので、一気に処分することにしました。

モノを捨てるのが難しいと感じている人は結構多いですよね。
かくいう私もそういうタイプでした。

「捨てない」ということは「溜める」ということです。
エネルギーという観点から考えると
「溜める」というのは、エネルギーが入る一方で
出て行かないということ。
つまり、エネルギーを流れない状態にしていることです。

でも、エネルギーが流れなければ、私たちは生きていけません。
水だって、流れなければ、澱んでしまう。

「捨てる」ということは、新たなエネルギーの流れを作ること。
捨てたあとのスペースに、
新たなエネルギーが入りこんでくるのだから。
エネルギーの流れはスムーズにしたほうが
より生きやすくなります。

残りの人生、どのくらいあるかわからないけれど、
とにかく、私は生きやすく生きたいので(ヘンな日本語かな)
溜めることは止めにしました。

今日久しぶりにエンジェルカードをひいたら
「Surrender and Release」。
神様に全てを委ねて、手放してしまえということなのでしょう(笑)。

とはいっても、実際にモノを目の前にして「捨てる」決断に
躊躇を感じることがあるのも事実。

現在、この「捨てる」決断にフラワーレメディが役に立ってます。

長くなってしまったので、
どういうレメディを飲んでいるかは、また次回に書きます(笑)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。