記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手書きの頃

今日は単なる雑感です~(^^)

「自分を愛するとは」の続きを書いていたら
わけのわからん文章になってしまって
今、頭をリセットしてます(笑)。

私は昔から、
文章を書き出すと、やたら長くなる癖があります。
コンパクトにまとめるということが
でけん!

そして書き出すと止まらないし、
書けない時は全く書けない。

手書きの頃は、
「原稿用紙○○文字分」のうち起承転結とか序破急で
ある程度文字数の「アタリ」をつけて書いていたのですが、
ワープロとかパソコンなんてものを使うようになって
「後で増やしたり減らしたりできるから」という便利さにかまけて
どんどん、だらしな~~~~い文章を書くようになっております。

こないだ掃除をしていたら
古い原稿用紙がでてきました。

今思うと、
手書きで原稿を書いていた頃は
全身/全神経を
注いで書いていたような気がします。
文字を書きながら、腕をすすすーーーーーっと
縦に動かしていく感じとかさ、
書いていく途中で鉛筆がまるっこくなって、書き味が変わってくる感じとか。
「頭」と「手」が直結してたなー。
なんっつーか、「カラダ使って、書いてました」みたいな(笑)。

キーボード使って
ものを書くようになってからのほうが長いくらいですが、
やっぱりどこかチグハグな感じです(笑)。
なんか、どこかにストッパーがある感じ。

もう、原稿用紙を使って
ものを書くということは
あまりないと思うけれど、
文章を書く時の「ほとばしる感覚」が
懐かしいなあと、ふと思いました。

---
いつもクリックどうもありがとうございます!!

関連記事

コメント

同感です!!
やっぱり手書きってすごいよ。
私もPC使うと書きすぎてよくない感じがします。
指動いてるけど、手が疲れないので、あんまり考えてない。
原稿用紙で文字数に制限あった方がよく考えて書いてましたね~。
なので私のコメントも時々意味不明です。ごめんね~。

> tamaさん
そうか、手が疲れないから考えないのかも!!
私のばやい、
ケータイメールにおいては、
もっとわけのわかんないことになってます。<オバちゃんの証左(爆)
tamaさんのコメント、
いつも意味明瞭ですよ。
もちろん今回も!

ケータイメール、わたしなんぞ片手入力ができずに、ウィルコム(PHS)の両手入力機種になってますよ。
先日故障して修理中に片手入力の機種しか貸してもらえず、片手でメールするのに四苦八苦でした。
自分でもおばさんもここまでひどいって…と自嘲してましたよ。
人生厳しいよ。誰だ、ケータイメール発明したのは!!
(恩恵もいただいてるけどね。ふぅー。)

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。