記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「禁煙」とフラワーレメディ3 - 「やめられないものを、やめたい!」

「お酒が飲めない私はダメ」
「宴会で、みんなと盛り上がらないと、
 知り合い/友達がいなくなって、一人きりになり生きていけない」
という思い込みの深かった当時の私に
フラワーレメディをブレンドするとしたら、
(詳しくは前回のエントリーをご覧ください ★1 ★2

チェストナットバッド=何度やっても禁煙できない。過ち、失敗から学ぶ
レスキューレメディ=煙草が手元にないことによる動揺を抑える


に加えて

ウォーターバイオレット=
 お酒を飲んでいて楽しそうな人たちに打ち解けずにいる状態から、
 クリアな気持ちで他者とコミュニケーションを図れるようになるのを手助けする

パイン=
 下戸な自分自身が場をしらけさせてるかもしれないという
 罪悪感を取り除くのを手伝う

といったところです。

さて、煙草は数年前にきっぱり辞めました。理由は身体を壊したからです。
今お話ししたような「思い込み」(罪悪感や不安感)を発見して、
フラワーレメディの力を借りながら自分自身を癒すという作業をしていれば、
煙草も早く辞められて身体も壊していなかったかもしれません(笑)。

「酒の飲めない私は社会人としてダメ人間」と思っていたので
酒が飲めずに宴会場にいる自分がいたたまれなかったのですが
今はそう思わないので、
酒を飲まなくても、煙草を吸わなくても、
宴会の場にいることがつらくなくなりました。

「酒の飲めない私は社会人としてダメ人間」
という考えが自分を苦しめていたんだなあとつくづく思います。

煙草、嗜好品、過食、甘いもの、お酒、薬物...
「何かがやめられない」理由は多分百人百様でしょう。

フラワーレメディは個人個人の心の状態にあわせて選びます。

ですから、「チェストナットバッド」と「レスキューレメディ」の組み合わせは
やめられないものをやめる」のをお手伝いするための
「とりあえず」のブレンド

としてお考えいただいていただければ
いいと思います。

「何かがやめられない」理由は
それぞれに異なると書きましたが、
実は、とことんまで突き詰めていくと
「こんな私じゃダメなんだ」という
「自分自身に対する愛情の欠落」に行き着きます。

私は「酒の飲めない自分は社会人としてダメ人間」
と思っていたのですが
つまり「私は酒の飲めない自分」を赦していなかったし、
愛してもいなかったわけです。(その時は意識はしてなかったけど)

「愛が足りない」状態に気づきたくなくて
何かで埋め合わせるんですね。
自分を愛する、
つまり「自分の存在をまるごと
好きじゃないところも含めて←ここがミソ!
否定しないで受け容れてあげる」ことが、
やはり何よりも自分自身を一番をラクにしてくれます。


失恋した時にお酒の量が増えたり、どか食いしたり...という
経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
これも「愛が足りない」状態を自覚したくないからですね。
もちろん一時的に深い喪失感に打ちのめされるのは当然のことです。

ただ、自分で自分自身のことを深く愛していれば、
相手からの愛情で自分の心の埋め合わせをしてもらう必要はないので
「それで私の価値が下がるわけではない」「私は大丈夫だ」と
思えるようになるのにそれほど労することはないでしょう。

もしあなたに「やめられない」ものがあるとしたらのだとしたら、
どうしてやめられないのか、
これをきっかけに
ご自身の心の中を深く見つめるワークをしてみてもいいかもしれませんね。
それがフラワーレメディ選びにもつながります。

ご自身で選ぶのが難しかったら、
もちろんプラクティショナーの手を借りてもいいでしょう。

意外な発見がありますよ、きっと!

アルコール依存症拒食症/過食症など、
精神的/肉体的なダメージが重い場合は、フラワーレメディを飲むだけでなく
必ず専門家の指導を受けてくださいね。

---
--
注:このブログはレメディの使用例をご紹介していますが、
レメディによる効果を保証するものではありません。
レメディをとる際には、ご自身の責任の範囲でお願いいたします。
ーー
今日も長文を読んでいただいて本当にありがとうございます!
ランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてね↓


関連記事

コメント

う~ん、「自分を愛する」ことの重要性はよく聞くんですが、私っていったい自分を愛しているのかどうなのかもわからないんですよね(もしかして重傷?…苦笑)
でも自分に自信がないのが普通になって生きてきたので、それって自分を愛してないってことなのかな~。
よく考えると自分で自分の好きなところってない気がするし、じゃあどんな自分なら好きかって言われると、どんな自分でも(どういう人間でも?)好きじゃないかも。
相手が大人だと、人それぞれみんな大変そうで、「あの人みたいになりたい」というのも年を重ねるにつれてうすくなってきちゃったし。
(そういう考えすぎるところがいけない=やめられないことなのかも…私も場合…本人にしたらそんなに大変じゃないかもしれないしね)
この間見たスペシャルニーズの小さな女の子は好きになったんだけどねー。
そのあたりを手がかりに考えていくといいのかな。

tamaさん

実は
無条件の愛を自分自身に注ぐことが一番難しいんですよ。一見、簡単そうだけどね(^^;)
多分、できてない人のほうが圧倒的に多いでしょう。

もし今「私は自分を愛せていないな」と
感じていたとしても、
自分を卑下する必要もないし、
将来を悲観することもないですよ。
鏡の中の自分に
「私は自分を愛せていない。
 でもそのままの私でいいんです(OKです)」といってスマイルしてみてください。
どう感じますか?

このテーマはとても深いので、また今度改めて
書きますね。


>「愛が足りない」状態に気づきたくなくて
>何かで埋め合わせるんですね。
>自分を愛する、
>つまり「自分の存在をまるごと
>好きじゃないところも含めて←ここがミソ!
>否定しないで受け容れてあげる」ことが、
>やはり何よりも自分自身を一番をラクにしてく>れます。

その通りですよね!!
っていうか、嫌な部分も含めて抱きしめてあげられることっていわゆる究極の愛ですものね。
自分に大してはもちろん、家族を愛する事も
同じですよね。

自分を愛せなくて(嫌な部分も含めて抱きしめる事ね)他者にそれができるのか、って思う部分もあります。
あー、わたしも精進した~い、って感じ(苦笑)

ホントに深いテーマですから続きの日記も
楽しみにしています!!

Re: タイトルなし

ゆっこさん

> 自分を愛せなくて(嫌な部分も含めて抱きしめる事ね)他者にそれができるのか、って思う部分もあります。

本当にそのとおりです!
まずは自分を愛することが最初なんですよね。
そこから全てがはじまるんだと思います。
うまい表現がみつからないけど、
「自分を愛する」って
本当は「自分の足で大地に立つ」みたいな
すっごく基本的で大事なところのように思います。

続き、楽しみにしてくれてありがとう!
頑張って書きます~!(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。