記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーエッセンスミニ講座#5 ー FAQ:フラワーエッセンスで病気は治りますか

フラワーエッセンスを飲みたいと希望される方のなかに
よく、肉体的症状を訴えるかたがいらっしゃいます。

たとえば・・・・

「花粉症にフラワーエッセンスって効くの?」
「ぜんそくに効くフラワーエッセンスってない?」
フラワーエッセンスで、肩凝り治るかな?」

という感じ。

お医者様じゃないので「治る」という表現は避けますが、
フラワーエッセンスが快復のお手伝いにはなるかと思います。

もちろん、ご本人の快復への心構えや行動が大きく影響しますし、
「飲みました、ハイ治りました」という即効性のあるものでは
ないでしょう。

私たちの身体の不調は、
ココロの不調が原因になっていることが多い
です。
「ストレスで胃潰瘍」なんていうのが、一番わかりやすい例でしょう。

不眠症、自律神経失調症、うつ病、といった
お医者様で「心因性疾患」と呼ばれる病気や症状以外にも
ストレスが原因でお酒の増えて肝臓を悪くするーといった
症状を含めると
現在日本に住んでいる人々の、
大半の不調はストレスが原因になっていることが多いかもしれません。

またストレスにさらされていると、抵抗力が弱くなってきます。
すると、アレルゲン、ウィルス、細菌といった外敵に襲われたとき
それを跳ね返すだけの力がなくて病気になったりします。

風邪が流行っていても、罹る人と罹らない人がいたり
花粉症になる人とならない人の違いの1つが、この抵抗力でしょう。

ですからフラワーエッセンスで心の状態を穏やかにすることが
免疫力・抵抗力を持つ強いからだを作るお手伝いにはなります。

といっても、生活習慣や食生活の改善も
もちろん並行して行う必要はあります。

話をもどすと

例えば肩凝りに悩んでいるのだったら
パソコンを酷使する、といった肉体的な条件だけでなく
日常生活のなかで
肩に力を入れてしまうような精神状態になっているかと思います。

それは人によってさまざまで
お局様がコワイとか、いやがらせする同僚がいるとか、
上司の仕事のやりかたが気にくわないとか、
仕事自体が好きになれないとか、
いつも締め切りに追われているとか、いろいろあるでしょう。
適切なレメディを選ぶために深く理由をさぐっていく必要があります。

ぜんそくなどのように発作性の病気については
発作だけでなく、
「いつどこでおこるかわからない」という不安感自体が一番のストレスだったりします。
ですから、この不安感を取り除くレメディ、ミミュラス(mimulus)を飲むだけでも
ココロは軽くなるでしょう。

フラワーエッセンスは、お医者様の治療だけでなく
その他のセラピーと併用しても全く問題ない
のですが、
お薬ではない、ということを覚えておいて下さい。

そして具合の悪いとき、緊急時は、必ずお医者様に見て頂いて下さい
例えば、今すでにぜんそくの発作をおこしているのに、
それをフラワーエッセンスだけで抑えよう、なんていうのは
無謀です。
お医者様に診て頂いて、その上で補助的にレメディを使って下さいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。