記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SCANDAL」な4人にレメディをあげるとしたら:その2

この日曜日もまた見た「SCANDAL」。

今週の発見。
たまき(桃井かおり)もバーベインタイプだった。

今週面白かったのは
貴子(鈴木京香) vs. たまき(桃井かおり) の対立です。

これでもか、これでもか、と「正論」をたたみかけてくる貴子に
(「学級委員みたいな人」といわれてましたね)
あんたみたいな人がいると面白くないと
真っ向から対立するたまき。

この2人、正反対のように見えますが共通点があります。

それは、ふたりとも
自分の主義や考え方が絶対に正しいと思って、
主張せずにはいられない、ってところ。

貴子が「正論」「常識」派だとすれば
たまきは、アンチ「正論」「常識」派。
信じている主義や考え方が違うだけなんですね。

バーベインというのは
自分の信じる主義主張を押しつけがましいくらいに
熱狂的に語るような状態の時、
自分と異なる意見、またはそういった意見を持つ人に対して
違いを受け入れ、寛容になるお手伝いをするレメディ
です。

バーベインは時に
他人や世の中が
自分の主義主張や在り方にあっているかどうか、
ということばかりが気になって
その背景にある相手の気持ちや様々な事情などが
見えなくなっていることがあります。
ま、手っ取り早い言葉で言えば「視野が狭くなっている」ってかんじ。

貴子は「主婦はかくあるべき」に拘りすぎていて
ダンナさんの心がちょっと見えなくなっている感じがしますよね。

たまきさんちは、まだドラマに描かれていないところも多いけれど
おこさんがひきこもりになってしまったのは
お母さん(たまき)の「主義」に
ついていけなくなってしまったからなのかなあ
なんて思いました(あくまでも感想ですが)。

あなたの身近な人に、
バーベインな人はいますか?

その人のことを思ったとき
「全くうるさいんだよねー」とか
「ついつい反論しちゃうんだよね」なんて
ムカムカぁ~~っとかイラッとか感じたら
自分にもバーベインの要素があるんだなあ、と
ちょっと心にとどめておいてください。
これ、要するに貴子 vs. たまき の構造と一緒。
いわゆる「鏡の法則」だから(笑)。

---
いつもクリックどうもありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

About Me

心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 

Author:心理セラピスト /EFTトレーナー 小貫淳子 


気づく、赦す、
受け容れる、ひらく
「自分」をひもとき自由になる


セッション概要、プロフィール、お申し込み
その他詳細は
お手数ですが下記をご覧くださいませ
http://junko-onuki.com

東京都世田谷区でMatrix Reimprinting、EFT等のエネルギー心理学/セラピーを通じたストレスマネージメント、穏やかな生き方へのアシストしています。
(医療機関ではありません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。